世界一周ダンスと^~~~

Mix of Improvisation and Predetermined Movement


Day66 Belgium
 -Brussels

今晩はBrusselsにRadical LightというタイトルのContemporary danceを見に行った。


4人のダンサーがとりとめもなく踊る。


とりとめもないわけではなくて、4人がそれぞれ影響しあっている。


例えば、鳥が一緒に富んでいると思ったら散り散りになって、なんの合図があるのかまた一緒に飛んでいたり。あるいは、虫が1匹で鳴いていると思ったら一斉に大勢で鳴き始めたり、ピタッととまったり。


そこに何の合図があるのか、何のリズムがあるのか人間からはわからないけれど、コミュニケーションは存在しているはずで、コミュニケーションは見えないけれど、結果としてその現象だけ見える。


この作品は半分はあらかじめ決められた動き、半分はImprovisationといったところ。


そのミックスによって、どんな現象が現れるのか、1時間釘付けになった。


抽象的だからこそ、見る側にゆだねられた部分が大きくて、受け身ではいられない。


エンターテイメントを見に行ったとき、観客は演者に楽しませてもらえることが保証されていると思う。


けれど、この舞台を見て、それからEdinburgh Festivalでいろんな舞台を見て思うのは、楽しませてもらうという姿勢では楽しめないということ。かならず自分の中で内面の会話が生まれる。生まれなければ楽しめない。簡単に、おもしろいかつまらないかを決められない。


作り手だって、楽しませてあげようと思って作っているわけではない(ように見える)。


ところで、今、ソロの作品を作りたいと思っている。けれど、なかなか作れずにいる。


どういう心持ちで進めればよいのか、迷い。


音は決めたんだけどな。


いや、音から決めたから作れずにいるというのもある。


音から入るのはこれまでと同じやり方で、それとは違うものをたくさんインプットしてきた旅だから、これまでの自分と違うことをしたいけれど、まだ腑に落ちてない。


消化できずにいて、もやもやが続いている…


つづく…